アルペンダックスブラッケ

アルペン・ダックスブラッケ、アルペンレンディッシェ・ダックスブラッケ

ルーツ

アルペンダックスブラッケはオーストリアのアルプス地方原産で主に鹿猟に使われていました。愛好家によれば、狐やウサギ猟荷物買え、回収犬、半矢の獲物の追跡犬としても役立つという。オーストリア以外で見ることは希である。アルペンダックスブラッケは頑健で荒れ場の猟全般に従事した数種類の犬を基礎に作出された1880年代に公認され、現在も主に実猟犬として飼育されている。

特徴

アルペンダックスブラッケのボディは明らかな長方形で、四肢は力強くかなり短め。極端に寸詰まりの印象を与えるほど短くてはいけない。頭部の形は東欧型ハウンドに似て頭蓋は広く耳は付け根が高い。被毛は短く皮膚に密着して生え、ごわごわと堅く2.5㎝ほどの長さである。

毛色は暗赤色で毛先に黒いティッピングが入る。

性格

アルペンダックスブラッケは知的で勇敢、家族には温厚で友好的です。

動画

-アルペンダックスブラッケ-