アメリカンピットブルテリア

アメリカン・ピット・ブル・テリア

ルーツ

アメリカの犬の中ではかなり古い犬種で、祖先犬は1800年代半場にボストンのアイルランド系移民によってアメリカに連れてこられた。これらの犬は1900年代にはいる前に、スタッフォードシャー・ブルテリアの先駆的存在であったイギリスやスコットランド産の犬たちと既に混血されていた。

闘犬として育成され、気の荒い犬を好んだ初期の繁殖家の手で闘争本能に磨きをかけていった。闘犬がアメリカンピットブルテリアを育てたのである。

特徴

アメリカンピットブルテリアは筋肉質で肋がよく張っている。被毛は短く光沢があり毛質は堅い。毛色は何色でも良い。利発さと忠誠心で有名な犬で、素晴らしい伴侶犬となる素質を持っている。

性格

犬種の性格上、国によっては法的手続きを踏まなければ所有できない。イギリスでは1991年に制定された「危険犬種条例」に基づき、特別飼育許可証が無い限りアメリカンピットブルテリアを輸入することも飼育することも法的に禁止されている。

しかし、攻撃的なイメージが強いが、服従訓練をしっかりやっていれば忠誠心がある立派な伴侶となる。

動画

-アメリカンピットブルテリア-