アメリカンスタッフォードシャーテリア

アメリカンスタッフォードシャーテリア

ルーツ

元はイギリスのスタッフォードシャー・ブル・テリアと同一の犬種で、選択改良により体格を大きくしたのがアメリカンスタッフォードシャーテリアである。南北戦争の頃にアメリカに輸入された「闘犬」であった犬たちから作られた。祖先は1800年大初期のイギリスとアメリカの闘犬場で、ブルドックやテリアの繁殖が始まった頃に遡る。この犬の作出には多くの犬種が貢献していて、「ブルテリア」、「オールドイングリッシュホワイトテリア」、「ブラックアンドタンテリア」、「ブルドッグ」、「マスティフ」、「ポインター」、「ダルメシアン」、「スタッフォードシャーブルテリア」などがいる。

犬種名は1972年にアメリカンスタッフォードシャーテリアとして登録された。現在では多くのドックショーで人気があり、見事に勝利を収めた例も数多くある。

特徴

アメリカンスタッフォードシャーテリアはどっしりとした筋肉質で胸は深く力強い。顎が力強く相手を圧倒します。耳は断耳しても良いが、できれば自然のままに短く前にたれているのが望ましい。被毛は光沢のある硬い短毛で様々な毛色がある。

性格

人なつっこく、おおらかな性格と家族や友人への献身、子供に対する寛容さがある。ただし、猫やウサギなどほかのペットに対しては攻撃的になることがある。飼育には高レベルの服従トレーニングが必要です。

健康管理

犬種固有の遺伝的疾患はない。ただし、ストレスや虫さされが原因で発疹が出やすい。

アメリカンスタッフォードシャーテリアは毎日十分な運動を取らせ、広場などで活発的に遊ばせるようにしましょう。

動画

-アメリカンスタッフォードシャーテリア-