ビーグル・ハーリア

ビーグル・ハーリア

概要

ビーグルとハーリアの混血で、1920年代のフランスでジェラール・グランダン・ド・ルプリーヴェル男爵によって繁殖が始められ、基礎になった両犬種の猟能のうち最高の部分を融合させることが目的とした。その繁殖方式は、一回の混血ごとに一つの性つまり雄か雌の個体だけを残しそれを純血なビーグルに交配する。そこから生まれた子犬の雄か雌だけを残し、これをハーリアに配する、というやり方であった。これを繰り返した結果、小さめの獲物とノロジカを狩る猟欲旺盛なハウンドが誕生した。

ビーグル・ハーリアのサイズは二つの祖先犬の中間に位置し、体高45-50㎝である。ドックショーで見る個体はビーグルよりもハーリアに近い。短毛でトライカラー

動画

-ビーグル・ハーリア-