ボーダーテリア

ボーダーテリア

ルーツ

ボーダーテリアはイングランド北東部の田舎でフォックスハウンドと共に狩りをさせるために作られた。画家のフランク・ペイトンが二匹のボーダーテリア込みでアーサー・ウェントワースの肖像「タフネル・ジョリフの猟犬群の穴止め犬」を描いた18世紀の半ばより前にも、この犬は確かに存在していた。

特徴

ボーダーテリアは速く走ることができる長い足が好まれ、この長い足のおかげで機敏で迅速な動きができるようになりました。幅広く力強い頭部に短い顎を持ち、ほかのテリアと容易に見分けがつく。体高訳3㎝。胸は深い方で幅狭く、肋が丸くはりだしてはいけない。

性格

普段は好意的な見方をする犬である。フォックスハウンドと共に走り、狐がどんなところに逃げ込んでもそこからかり出すべく作られてきた。ハウンドと気さくにつきあい、しばしば同じ犬舎に寝泊まりして同じ皿の飯を食う。

健康管理

体を動かすことが大好きな犬なので毎日の運動は欠かせません。リードを外して思いっきり走ることも必要です。

動画

-ボーダーテリア-