ブル・マスティフ

ブルマスティフ

ルーツ

ブル・マスティフは比較的新しい犬種である。19世紀後半、マスティフ(60%)とブルドッグ(40% )を混血して作られました。当時、イギリスの大邸宅で私有林の猟鳥獣を管理する森番は、とかく密猟者に悩まされていて、このパワフルな雑種犬が有能など雨量となった。密猟者が接近するまでまち、すわ飛びかかって地面に倒し押さえ込むというのがブル・マスティフの指命であった。ブリンドルの毛色は夜目にはほとんど見えず、この仕事をするにはより望ましいとされた。人気の上昇とタイプの固定に伴い、黒っぽいマスクをつけてマスティフ型の耳をしたフォーンの犬が定着していった。1924年までには標準化され、ブル・マスティフとして英国で公認、、1993年にはアメリカン・ケネル・クラブにも公認された。

特徴

ブル・マスティフはパワフルな犬である。筋肉質で見事に均等が取れ、輪郭はきっちりと正方形に納まっている。牡は体高63-68.5で体重50-59キロ。牝はこれより若干小さい。口吻と頭蓋の長さの比率は1:3。鼻は幅広く黒い。

性格

ブル・マスティフは忠実で情愛細やかである。めったに興奮しない犬ですが、いったん脅威を感じると、恐れを知らぬ大胆な行動に出ます。勇敢で生まれながらの家庭守護犬、献身的かつ温和な伴侶となる。

健康管理

毎日の運動は必要ですが、それほど多くの量をこなす必要はありません。ブルドッグ同様にの環境高温多湿に弱い。

動画

-ブル・マスティフ-