ジャーマン・スパニエル

ジャーマン・スパニエル

特徴

ジャーマン・スパニエルは銃が発明される以前から使われていたドイツの鳥猟犬である。ヨーロッパの古いスパニエル種に酷似していると言われる19世紀広範に絶滅の危機に瀕した、再興された。上部で多目的に使えるため原産国では常々好評を博してきたが、近年ドイツ以外でも注目されつつある。本国では「ドイチャー・ヴァハテルフント」呼ばれており、「ヴァハテル」とはドイツ語で鶉を意味する。体高約45-54cm。ボディは長方形で頑丈、被毛は体に密着して平たく生える直毛、或いは波状毛である。縮れ毛はいけない。通例リヴァーブラウン一枚、或いは白地に大きな褐色斑とティッキングを伴う。後者にはタンのマーキングがあっても差し支えない。レッドまたはリヴァー・ローンに斑点のあるもの、ないものいづれも許容されているが、実際にはほとんど見ない。
別名:ドイチャー・ヴァハテルフント

性格

主人や家族に対して愛情が深く、忠実で従順な犬です。

健康管理

ジャーマン・スパニエルは活発な犬ですので十分な運動が必要です。あまり都会向きの家庭犬としては向かないでしょう。

動画

-ジャーマン・スパニエル-