アメリカンエスキモードッグ

アメリカンエスキモードッグ

ルーツ

アメリカンエスキモードッグは全米の都市はその近辺の市民に長年親しまれてきた犬です。ジャーマンスピッツやウルフスピッツことケースホント、ポメラニアン、ボルピーノイタリアンなどの影響を受けている。やがて、アメリカン・スピッツとして知られるようになり、そして1917年に「アメリカンエスキモードッグ」と改名され、「エスキー」というあだ名で呼ばれるようになった。

特徴

アメリカン・エスキモー・ドッグの体型はスピッツ主らしく体高に比べて体長がやや長く、北欧型の顔貌で三角の耳を持ち、口吻と頭蓋の長さがほぼ等しい。しっかりした四肢と足は大胆で力強い走りを可能にしている。毛色は一般的には白が基本です。

性格

アメリカンエスキモードッグは家庭犬、伴侶犬、番犬として作られた小型犬の典型である。知らない人が来ると警告として吠えるが攻撃性がない。利口で人なつっこく家族全員と仲良くなり、老若男女に友情の輪を広げる。

健康管理

丈夫な犬だが目と涙腺に気をつける必要がある。厚いダブルコートは清潔に保ち、皮膚炎の元凶となるノミなどを寄せ付けないようにしたい。エスキーも毎日散歩に連れて運動をさせ、1週間に2回ほどはブラッシングをかけてあげましょう。

動画

-アメリカンエスキモードッグ-