ブリュッセルグリフォン

ブリュッセルグリフォン

ルーツ

昔、ブリュッセルグリフォンは厩舎でネズミ退治しているところをよく見る宿無し犬であった。この犬は画家のデュ・アンポリやフランドル派のファン・アイクの作品に書かれている。祖先犬は、アッフェン・ピンシャーとベルギーの土着犬、そしてグリフォン・デキュリなどを祖先犬に持つといわれています。混血はいくつかの変化をもたらした。まず、ラフ(粗毛)とスムーズ(短毛)の両タイプがでるようになった。短毛タイプは、ル・プチ・ブラバンソンと呼ばれた。もう一つの変化として、この犬は丸い頭蓋と短吻の犬種になった。ブリュッセルグリフォンは変身を遂げ、馬小屋外町の通りから一般家庭へと住みかを移し、そこで人々の心をとらえていったのである。

最近のドッグショーでの出陣頭数は、新しい世代のファンシャーが古い魅力を再発見するにつれて増加している。一頃はトーイ・グループで稀少な存在だったが、今や押しも押されもせぬグループの一員で、犬種の代表格の犬たちがトップ賞をさらうことも珍しくない。

特徴

ブリュッセルグリフォンの被毛はラフはゴワゴワ硬い針金状毛でした毛は柔らかく、スムーズは短くまっすぐな光沢のある毛で、針金様の質感は全くない。毛色は鮮明や赤、赤と黒の混じり、又はブラック・アンド・タン。成犬の髭が霜降りになるのはよくあることで容認されている。ブリュッセルグリフォンは頭部は非常に重要視され、丸っこい形で大きな黒い目をしていなければならない。

性格

まるで人間のような、しばしばもの問いたげな顔をして、訴えるような大きな瞳とぼってりしたおちょぼ口のブリュッセルグリフォンは、わんぱくで詮索好きで、テリアの自信と困難にくじけない強い意志に満ちた犬である。グリフォンには訓練生活が他人に押しつけられたものであると気づかれてはならず、一切を自由意志でやっていると思わせておかねばならない。

健康管理

ブリュッセル・グリフォンは活発な犬種です。毎日散歩程度の運動は必要です。若いブリュッセルグリフォンが家具の上などから飛び降りて怪我などしないように注意すること。

動画

-ブリュッセルグリフォン-