チェスキー・テリア

チェスキー・テリア

ルーツ

チェスキー・テリアは第二次世界大戦後にチェコの遺伝学者フランチシェク・ホラクによって作出された。ホラクは熱心な狩猟家で戦前からスコティッシュ・テリアを繁殖していた。1949年、スコティッシュ・テリアとシーリハム・テリアを交配して、元の両犬種より軽量だが、同じ穴掘りへの情熱を持つ犬を作る実験を始めた。ホラクはこの繁殖プログラムを10年間続けた後、新犬種としての公認申請の登録を努めた。1963年、ホラクの犬の系統は純粋種としての一貫性充分と認められ、犬種名を与えられた。新しい犬は興味津々出迎えられたが、旧チェコスロバキアの1970年代の輸出禁止政策に足を引っぱられた感がある。原産国以外では主に伴侶犬として飼育され、少数ながらほとんどのヨーロッパのショーで見ることができる。

特徴

チェスキー・テリアの体高27-35㎝。四肢は短く長方形のボディと長い顎を持つ。頭部は力強くやや長さがあり、耳は垂れ下がって付け根は低すぎず、先端丸みを帯びる。尾は切らず、歩行時は高く掲げる。被毛はクリップする慣わしで、柔らかく厚く、絹のような光沢がある。毛色は青みがかった灰色、又は薄茶。これらに淡いクリームかタンのマーキングがあっても差し支えない。生まれたての子犬は黒か濃いリヴァーブラウンで、タンは入ることも入らないこともある。

性格

チェスキー・テリアは家族には穏和で優しい犬です。未知に人に対しては用心深いところがあります。

健康管理

毎日適度な運動が必要です。

動画

-チェスキー・テリア-