チワワ

チワワ

ルーツ

チワワの起源については多くの説がある。生き物を小さく育てることの巧みな中国人によって作出されたと信じている一派もある。スペインの商人は中国からメキシコにいたる各地を旅していたので、ことによるとこの犬をアメリカ大陸に輸入していたかもしれない。小さな土着犬との混血もあったかもしれない。他の権威たちはメキシコの先住民族であったアステカ人がこの犬を育成したとみなしていて、かと思えばチワワは1519年にスペインの探検家コルテス将軍と共にメキシコ入りしたという主張もある。

チワワの祖先についての真相は決して明かされないかもしれない。しかし、どうもメキシコのチワーワー州から名前をもらっているようなのである。最初にこの犬種が注目されたのはメキシコシティで、1895年頃のことであり、本来は短毛であったようだ。他のトーイ犬種(おそらくポメラニアンかパピヨン)との交配が行われたのは「ちび助」たちがアメリカへちょこちょこ繰り出すようになってからのことで、その結果長毛チワワが誕生して、愛好家が増えた。まもなくアメリカで人気最高のトーイグループの一員となった。

特徴

チワワは2.5キロ未満で、犬によっては680グラムしかない。間違いなく最小の純粋犬である。体高は13㎝前後で成犬とみなしてよく、体高より体長がやや長めのボディを持つ。素晴らしい太い尾をしばしば高く掲げ、骨組みは繊細で、眉の突き出た、大きくて丸い頭部を持ち、とがった直立耳はやはり大きく、頭部からピン突ったてて保持する。スムースタイプ(短毛)のチワワは皮膚に密着した光沢のある滑らかな毛で尾にも充分毛が生えている。ロングコート(長毛)は耳にフリンジがあり、尾と四肢にも長い毛があり、顎の下と腹部にフリルがある。チワワは毛色の制限はない。

性格

小さい犬だがそのわりに度胸があって利口です。鋭敏喧騒な番犬にもなるが、はったりを後押しするだけの体格がないことには全く気づいていない。主人に深い忠誠心があるが、知らない人にはなつきません。幼児や乱暴な子供のペットには向かない。チワワはアパート住まいの人やお年寄りの素晴らしい伴侶となる。屋内飼育ができ、新聞紙や専用シートの上で用を足すことを速やかに覚える。

健康管理

チワワは活発で室内を走り回っているだけでもかなりの運動ができます。雨の日は表に連れ出す必要はありませんが、できるだけ短い散歩は連れて行ってあげましょう。

多くのチワワは頭の中央にモレラという柔らかい部分がある。このため、頭部は常に保護しなければならない。ここに強い衝撃を食らうと死に至ることもある。チワワは骨も華奢で、たやすく折れたりひびが入ったりする。

チワワは寒さに弱いので屋内で飼育する。

動画

-チワワ-