ダックスフンド

ダックスフンド

ルーツ

「テッケル」とはダックスフンドの原産国での通称であり、テッケルの前身らしい犬はドイツの古文書の中にも現れる。16世紀初頭から「土掘り犬」、「小さな穴犬」、「穴熊掘り」、「穴熊もぐり」、「ダクセル」、「ダッケル」などと様々に呼ばれた犬がいて、その働きぶりが文字によって記録されてきた。ドイツ語の「ダックス」は穴熊のことで、この犬種の猟犬としての初期の用途を示すののである。短足胴長の体型はまさしく穴掘りに適しており、地中は掘り進んで巣穴の狐や穴熊を狩りだし、、後にはミニチュアダックスフンドの作出によって兎もお任せの犬となった。

短毛種は18世紀にフランスのブラク(ポインターを小さくしたような猟犬)と、ドイツのピンシャーの血液を入れて作られたと考えられています。18世紀後半、フランス革命を逃れて貴族が亡命した折、大勢の殿様が愛犬のフランス産バセーを連れて逃げた。テッケルとバセーが交配されできた子犬は脚の長さ普通なら「ダックス・ブラッケ」、短足でも耳も短くとがった鼻なら「ダックスフンド」と相なった。

初のテッケルの犬籍簿は1890年ドイツで作成され、スムース、ロングヘアード、ワイアヘアードの三つ。ドイツのダックスフンド・クラブは常にこの犬の作業性能を非常に重視してきた。ダックスフンドに期待されたような作業をこなすためには犬のサイズも体型も好都合であった。ミニチュアタイプとドワーフ又はカニヘンタイプは後から作られた。

特徴

ダックスフンドは体長が体高の二倍ある犬である。トップラインは水平で腰部になだらかな丸みをかきつつ後方に向かって下降する。犬体構成上、前腕部は胸骨を抱え込むように形成されているので、若干内側に傾く。このことが時にやや外転した足を作ることになる。もとっも普及している毛色は、スムースととロングではレッド。ワイアではパジャー、ヘアカラー、レッド系が多い。チョコレート・アンド・タンは全バラエティに見られる。イギリスではサイズは体重によって規定され、スタンダードタイプの犬は20-26ポンド(9-12キロ)であることを推奨している。実際にはこれよりずっと重い犬が多い。ミニチュアダックスフンドは11ポンド(5キロ)が上限で、出陣犬は伝統的に、クラス審査の始まる前に審査員の目前で体重測定をする慣わしである。ヨーロッパの大陸側では、ダックスフンドの犬種標準は、やや脚が長い、より軽量な犬を強調していること。イギリスの標準とは異なっている。

性格

ダックスフンドは恐いもの知らずで、好奇心旺盛な犬種です。狩猟本能赴くままに敏活で賢く探求心があり、臭いをつけていく事が好きな犬である。小さい体のわりには図太い自信家である。小さなミニチュアにはやや神経質な犬もいるが、ダックスフンドは常に威厳に満ち優雅に振る舞います。

健康管理

ダックスフンドは活発な犬で充分な運動をしなければならない。ペット化された多くが、飼い主によって不活発な生き物に変えられている。これは心身両面に悪影響を及ぼす。

また、ダックスフンド長谷田かが長いので椎間板の故障が起きやすく、肥満にさせないことが重要である。

動画

-ダックスフンド-