フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドック

特徴

ブルドッグをお雛様にしたようなフレンチ・ブルドッグは、体高約12インチ/30㎝が普通で、比較的短い背は腰部で隆起している。頭部は大きく正方形で、大きな耳と丸いくっきりした目を持つ。口吻は短く幅広く深い。尾は短い。皮膚はしなやかで、ブリンドル、フォーン、または白地にブリンドルのマーキングなどの、光沢のある短滑毛に覆われている。ピグメントはすべて黒だが、フォーンの犬は薄めのピグメントでも差し支えない。ただしフランスを始め大半のFCI加盟国ではフォーンを許容していない。また体重は28ポンド/23㎏を超えてはならない。

ルーツ

フレンチ・ブルドッグは1800年代後半から存在が知られていた。起源については諸説あるが、フランス人は自分たちが作った犬だといって譲らない。アメリカではノン・スポーティング・グループ(非猟犬種グループ)に編入されている。

性格

ただ一人の飼い主の唯一の愛犬になることを夢見てる。ほかのペットや子供たちがいるとどうしても張り合うことになりやすい。若い家族よりはむしろお年寄りの孫代わりに向いている。

健康管理

フレンチ・ブルドッグは、遊び好きな犬ですが、運動は最低限で大丈夫です。鼻も口元も短いためにいびきをかきやすく、若干息切れもしやすい傾向がある。あついのが苦手で熱射病にかかりやすい。目玉の大きさと飛び出し具合からして目の損傷も日常茶飯事である。短毛なので清潔に保つのは易しく、お肌のトラブルはほとんどない。

動画

-フレンチ・ブルドッグ-