アナトリアン・シェパード・ドック

アナトリアン・シェパード・ドック

ルーツ

トルコ原産のマスティフタイプの大型犬で、護羊犬として飼育されてきた。イギリスで公認されたときはまずアナトリアン・カラパシュの名で紹介されたが、真のアナトリアンシェパードであるカラパシュとは黒いポイントを持つフォーンの犬のみで、ほかの毛色は純血犬ではないと主張する繁殖家らとの間に物議があった。

特徴

アナトリアン・シェパード・ドックは、短毛で下毛が厚く、グルーミングは最小限で済む。頭蓋は大きく、両耳の間は広く平らく、雄は雌に比べて頭部の幅が広い。動きはしなやかで力強い。

健康管理

アナトリアン・シェパード・ドックは活発な犬なので運動は欠かせない。引き運動や広場で発散させたい。人間のそばにいることが好きだが、野外で暮らす方がよい。

動画

-アナトリアン・シェパード・ドック-