バヴァリアン・ハウンド

バヴァリアン・ハウンド

ルーツ

バヴァリアン・ハウンドは19世紀中期、南ドイツのバイエルンの山地で、おそらく地元のセントハウハウンドとハノーヴェリアン・シュヴァイスフント(ブラッドハウンド)を交配して作られた物である。作出理由は山岳部で大型のハウンドを使って猟をすることが禁止されていたため、優秀な追跡犬の必要性が高まってきたからである。ドイツ語の犬種名にある「シュバイス」は狩猟用語では血を意味しており、半矢の動物の血のにおいを探る負傷獣追跡犬であることを表す。バヴァリアン・ハウンドは長いリードをつけて臭跡を追わせる。実猟犬としてのみ飼育され、オールブリードショー(全犬種展)でも滅多に見られない犬である。

特徴

ボディは明らかな長方形で、耳は大きく耳根が広い。大きな耳は、獲物の追跡中にその臭跡を犬の鼻近くに集めるのに役立つと考えられているので、重視されている。被毛は厚いが毛長は短く、光沢がある。

健康管理

猟犬なので、毎日の運動は欠かせません。野山などを自由に走り回ることを好みます。あまり都会向きの犬とは言えません。

動画

-バヴァリアン・ハウンド-