ボクサー

ボクサー

ルーツ

ボクサーの歴史は1880年代にミュンヘンのゲオルク・アルトという男が、フランスで購入した小さなブレンバイサーの牝犬を地元の雄犬と交配し、シュンケンと名付けたパーティカラーの牝を作ったときから始まった。ドイツ語のブレインバイサーとは「牛咬み犬」の意で、牛追い、警護、猪猟、熊猟などに使ったマスティフタイプの犬の総称であった。シュンケンは引き続きイングリッシュブルドックと交配され、この組み合わせから生まれた雄のフロッキは、1895年にミュンヘンのドッグショーに出陣された。この犬はドイツの血統台帳に登録されたボクサー第一号となった。

特徴

ボクサーの犬種キーワードは「気品」である。頭部は輪郭がはっきりしており、口吻は短く上唇が厚く、顎の幅広さと力強さ、やや上向き加減の鼻である。耳は、アメリカ、カナダ、南米では通例断耳して緊張感のある表情を強調するが、アメリカの犬種標準には断耳してはいけないと明記していない。イギリス、オーストラリア、北欧諸国では断耳が禁止されていて小さからず大きからずの自然な垂れ耳である。

性格

ボクサーは究極の「人間好き犬」である。家族と一緒に過ごすことが嬉しくてたまらず、彼らを楽しませることを何より楽しみである。陽気で活発なボクサーは、好奇心が強く、警戒心に富み、主人に忠実で、家庭犬にはぴったりです。

健康管理

毎日、知的な遊びを取り入れた運動をさせることが大切です。通常の散歩の他に全力で走らせるようにしましょう。

動画

-ボクサー-