ドゴ・アルヘンティーノ

ドゴ・アルヘンティーノ

特徴

体高約65-70㎝。ボディは長方形でたくましく筋肉にとむ。頭蓋は広く、どっしりと大きく、かなり短めの力強い口吻を持つ。耳は先端をとがらせて短く切り、尾は長いまま残す。被毛は硬い短毛で常に白一枚とする。

ルーツ

アルゼンチンの広大な牧場で育った白無垢の猛犬である。地元の番犬にボクサーと白いブル・テリアを交配して作られたといわれる。したたかでしぶとく手名付けづらい犬である。しばしばパドックの中に食肉用の牛とともに残され、独力で泥棒から警護しなければならないので、警戒心と防衛力がいよいよ強化された。イギリスとスカンジナビア諸国を除いて、現在ヨーロッパのほとんどの大きなショーで見かけることが出来る。イギリスでは1991年に制定された危険犬種条例に基づいて「危険」と指定されている4犬種のうちの一つである。

性格

主人には従順だが闘争心が旺盛な犬です。あまり初心者向けとはいえません。

動画

-ドゴ・アルヘンティーノ-