ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

特徴

ジャーマン・シェパード・ドッグは堅固で余分な体重があってはならない。理想的には均等がとれ、体高は/55-65㎝である。体高より体長がやや長い。耳は直立で前方に解放されて凛乎とたつ。頭部は長く鼻は黒い。被毛は寒気荒天に耐える。ほとんどの毛色が許されているが、より望ましいとされるのは豊かな茶褐色から黒褐色を基調とする黒っぽい色で、濃い方が良く、ブルーやリバーのような淡い色は望ましくない。白い犬はアメリカでは失格となり、国際畜犬連盟でも白いジャーマン・シェパード・ドッグは公認していないが、1994年にスイスのベルンで開催されたFCIワールドショーには20頭前後の出陣があった。

ルーツ

昔々、ドイツにはいろいろな姿の牧羊犬がいた。牧夫は羊の群れをまとめるのに大きな犬も小さな犬も動員した。犬が仕事をこなせさえすれば、どんな色でも形でも良かったのである。しかし、19世紀にはいると、ある種の統一的外観を備えた牧羊犬が現れ始めた。牧羊犬のみならず警察犬としても機能出来る犬を求める声は、少数ながら繁殖の初期段階からすでにあった。19世紀から20世紀への変わり目に、今日のようなタイプのジャーマン・シェパード・ドッグが形を成し始めた。ドイツシェパード犬協会が繁殖の計画と実施の両面を管理し、未だ明確な姿を持たなかった雑多な牧羊犬集団から、有能でタイプの均一な純粋犬種、ジャーマン・シェパード・ドッグを作り出したのである。当時の繁殖かは外国犬よりも国産犬を優遇した。

性格

ジャーマン・シェパード・ドッグは盲導犬としての性能は伝説的である。他にも多くの役割を果たして欲しいという声は今や社会全体の要望であり、それは一重にこの犬種の典型的固体が常に安定した気質と行動の一貫性を似て知られているからである。ジャーマン・シェパード・ドッグはてばなしの人懐こさを披露すべき犬ではない。むしろ冷静に、していることが本来のあり方である。学習の速さ、自身、常識等を似て実用に耐える見事な作業犬として様々な分野で活躍している。

健康管理

ジャーマン・シェパード・ドッグ、知的な運動と肉体的な活動の両方が必要です。特殊な手入れは必要ないが毎日ブラシでざっと身じまいしましょう。

動画

-ジャーマン・シェパード・ドッグ-