ペロ・デ・パストル・マヨルカン

ペロ・デ・パストル・マヨルカン

ルーツ

別名:カ・デ・ベスティアール
主にスペインのバレアレス諸島に棲んでいる。起源はいくらか曖昧で非常に古い犬種という説もあれば19世紀にマヨルカ島で数種類の犬を混血して作ったともいわれる。主に農場の番犬として飼育され、家屋敷と家畜を警護する。外観より作業能力が常に重視されてきた。未知の人には打ち解けず、万が一脅かしたりするとすさまじく荒れ狂う。非常に剛健で、極端な暑さの中でも作業が出来る。

特徴

体高62-73㎝、ボディは長方形で四肢の付け根上でやや高くなっている。頭部は三角形で耳と尾は切らずに自然のままにしておく。短毛又は約7㎝の波状毛で、毛色はtねに黒だが胸と足に僅かな白があるものは許容範囲内である。

動画

-ペロ・デ・パストル・マヨルカン-