アラスカンマラミュート

アラスカン・マラミュート

ルーツ

アラスカンマラミュートはイヌイット族の一部、マラミュート族によって育成された。この部族は遊牧生活を営み、アラスカ西部内陸よりの地域を生活圏としていた。スピードはないが重い荷物を運ぶ力を持つ犬を育てた。ソリの使えない夏場は群れで狩りをする猟犬として使われた。

特徴

極寒の地でも生きぬけれるよう筋肉が充実して力持ちのマラミュートは立派である。骨太で足が丈夫でがっちりとしまったボディーを持つ。頭部は大きく耳には毛がみっしりと生え、直立している。様々な毛色があるが、多くは、淡灰色から黒<、頭部と足が白い。

性格

家族のつながりを大切にする犬で、人間と共に過ごすことを好み、親しみやすく開放的に振る舞う。家庭犬としてもよく子供にも寛容である。ソリや乳母車を引かせればご機嫌なので、子供たちにも喜ばれまた、ジョギング仲間ともなる。

健康管理

アラスカンマラミュートは自然犬種にふさわしく、極めて健康な犬である。ただ、短肢症という四肢の成長が阻害される病気が知られている。

アラスカンマラミュートは犬ぞりを永遠に引けるくらいパワフルな犬種なので毎日の運動は欠かせません。都市向きの犬ではなくジョギング、ソリ引きなど安全な場所でたっぷりと運動を必要とします。

動画

-アラスカンマラミュート-